化粧師の譲れないモノ

あなたが考える「戦略」と、みんなが思っている「竹馬の友」は、もしかしたら全然違うものかもしれない。そうやって想像すると、ちょっぴり変な感じだね。

ホーム

控え目に吠える彼と飛行機雲

北海道から沖縄まで、たくさんのお祭りがあるみたいだ。
この目で見たことはないけれどとても良く知っているお祭りは、秩父夜祭で、別名、冬祭りだ。
ゴージャスな彫刻を施した、笠鉾と屋台の合計6基。
秩父祭り会館を見たときには、写真や実物大の物を見ることができた。
寒い冬に開催されるので、冬祭りとも呼ぶようだ。
生で見たい祭りの一つである。
秩父夜祭とは逆に、夏に開かれているのは、福岡市東区のほうじょうやが有名で、命ある者の生命を奪う事を禁止する祭り。
今から大分前には、この祭りの間、魚釣りも禁止されたとの事。
トラディショナルな祭りも重要だが、私は屋台のリンゴ飴も同様に好きかもしれない。

笑顔で走る彼と飛行機雲
昔、二十歳の時に、友人と3人で韓国の釜山に観光に向かった。
行ったことのない海外旅行で、ロッテホテルにしばらくの宿泊だった。
街中をしばらく観光して、充実させていたけど、そのうち道に迷った。
日本語は、全然浸透していないし、英語も全く通じない。
そしたら、韓国人の男性が上手な日本語で戻る方法を伝えてくれた。
学生時代に日本の大学にて日本文化の学習をしたとのこと。
それで、安全に、良い韓国めぐりを続けることが可能になった。
帰国の日、電車で道を説明してくれたその人になぜか出くわした。
「またきてください」と言ってくれたので、私たちはここが好きな国になった。
いつも1年に1度は韓国観光が計画されている。

ぽかぽかした休日の夜明けは昔を懐かしむ

銀座の夜の女性を見ていると、素晴らしいと思う。
というのは、キメキメのルックス、会話、それらに対する努力。
客に完璧に勘違いをさせないで、夢を与えていると分かってもらいながら、常連になってもらう。
そして、もしかしてこのお姉さん、俺に本気かもしれないと気にしてもらう。
このバランスのとり方が、どの仕事よりも絶妙だ。
それよりも、私はとにかくホステスの給料が凄く気になる。

どんよりした金曜の早朝は想い出に浸る
現在よりもものすごく肥満だった時期に、毎日欠かせなかったのが、シュガートーストだ。
ピークの時は、ディナーの終わりに4枚くらい食べていた記憶もある。
さらに同じ時期に、ハッシュドポテトにまで取りつかれてしまい巨大化の世界へワープだった私。
トライしたダイエットが、無理のあるものばかりだ。
例えば、2週間スープダイエット。
これは2週間程おんなじスープだけで生きるダイエットだ。
出先にも水筒に入れて持ち運んだという徹底さ。
それに断念して、こんにゃくを夕飯に置き換えるという痩身法。
それは、今の自分には無理。
その後、2年ほどで生活習慣を気にするようになると、あっという間に元の体型に。
とにかく時間をかけてというのが間違いない。

目を閉じて大声を出す母さんと夕焼け

友達の親戚が梅干しを販売しているらしい。
都心に本社があり、中国に支社もあり、関西の方に工場がある。
全国に定期的に、数人で組んだグループで訪問販売をするらしい。
深夜に、梅干しの雑学を聞くと、おなかがすいてきた。
「梅干し食べたい」など言うと、あ!あるよ〜!と言いながら出してくれた。
ここで食べたこの梅干しが、今までで一番美味しかった。
なんと、早速梅干しをオーダーしてしまった。

余裕で熱弁するあの人とファミレス
最近、フィクションを読破することはわずかになったが、過去に北方さんの水滸伝に心を奪われていた。
別な作者が書いた水滸伝を読んだ時は、くだらないと思い、魅了されなかったが、水滸伝の北方版を読み進めたときは、ひきつけられて、読むのが止まらなかった。
仕事の休憩中や家に帰ってからの食事中、お風呂でも読みふけって、1日一冊ずつ読んでいた。
登場キャラクターが人間味あふれていて、男らしい作中人物がすごくいっぱいで、そういったところにわれを忘れるほどはまっていた。

息もつかさず話す彼と横殴りの雪

あんまり、テレビドラマは見ないが、ここ最近、それでも、生きていくを録画してから視聴している。
加害者の家族と殺された側の家族が出会ってといった話で、ふつうに考えてあるはずがない話だと思う。
殺された小さな子の両親と兄達と殺人犯側の家族のどちらも不幸な内容が出されている。
流れの内容は非常に暗いけれど、しかしその分、色づかいはきれいなようにされている。
花や自然の映像が大変多用されていて、牧歌的と表現していいのかきれいな映像がとても多用されている。
この後、ストーリーがどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

よく晴れた日曜の日没は熱燗を
ブームが去った今、ニンテンドーDSに依存している。
最初は、TOEIC対策にもっと英語漬けや英語のゲームソフトを購入していたのみであった。
しかし、ヨドバシでゲームソフトを見ていたら、英語関係以外も目移りしてしまい、無駄に欲しくなってしまう。
絵心講座や、マリオパーティー、桃太郎電鉄など。
便利なもので、中国語講座も出ている。
例えば、移動中などのちょっとした空き時間には活躍しそうだ。

気分良く泳ぐあの子と月夜

育った県が異なると普通に食べるものが違うのをいっしょに暮しだしてからめっちゃ感じることになった。
ミックスジュース飲む?と嫁から前に言われ、コンビニででも買っていたのかなと考えたら、地元では作ることが一般的らしい。
たくさんの果物と氷をミキサーに入れて、牛乳をさらに加えてミキサーでミックスしてすぐに完成。
作ったものを味わい飲んだのは初体験だったが、めっちゃおいしかった。
感動したし、おもしろいし、私もつくっている。

勢いでダンスする妹と霧
本日の晩御飯は一家そろって外で食べる事になっているので、少年は昨日からすごく楽しみにしていた。
何を注文しよう、と出発前からいろいろと想像していた。
カレーやオムレツ、ざる蕎麦や天丼、なんてメニュー表にはどんな物があるのかとても楽しみでもあった。
場所は最近できたファミリーレストランだ。
お父さんの運転する車は、そろそろお店の駐車場に到着する。
お母さんは助手席でお父さんとお喋りしている。
お姉ちゃんは少年の隣で、手鏡で前髪をチェックしている。
少年は車から降りると、期待に胸を膨らませて、入り口の扉を開いて家族を待った。

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2015 化粧師の譲れないモノ All rights reserved.