化粧師の譲れないモノ

アナタが思う「お父さん」と、多くの人が想像する「麻婆豆腐」は、もしかするとまるで違っているかも。そうやって想像すると、なんだか面白くない?

ホーム

蒸し暑い火曜の朝にシャワーを

ものすごく甘い物が好みで、甘いおやつなどを自作します。
普通に泡だて器で混ぜて、焼いて作成していたけれど、このごろ、ホームベーカリーで焼いてみた、めっちゃ手軽でした。
娘にも食べさせるので、ニンジンをすって混ぜたり、かぼちゃを混ぜたり、栄養が摂取できるようにも心がけている。
砂糖やバターが控えめでもニンジンやかぼちゃ自体の甘味があることによって、笑顔で口にしてくれます。
最近は、スイーツ男子なんて表現もメディアであるから一般的だけども、若いころは、ケーキを自分で作っているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
最近は、お菓子をつくる男性が増えたねと言われてそれも寂しい。

自信を持ってダンスする彼と横殴りの雪
晩酌などのお酒のおつまみには、絶対健康に良い物を!と思っている。
最近のおつまみはトマト。
それ以前は鮪。
で、直近では明太子だけれど、お金がかさむのでそれも辞めた。
先日新しいメニューを考え出した。
買い物に行けば80円くらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、マーガリンで炒めて、みりんと醤油を少々ふりかけて整えたもの。
大分価格は低め、KCALも低い気がしませんか。

気分良く自転車をこぐ兄さんと擦り切れたミサンガ

御盆でも生まれた家から外れて住んでいるとあまり気づくことがないが、不十分ながら、仏前のお菓子くらいはと考え実家へ配送した。
里方に暮らしていたら、香を手に持って先祖の出迎えに向かって、お盆のしまいに送りにおもむくのだが、離れて暮らしているので、そのように遂行することもない。
近くの方々は、線香を手に持って霊前に出向いている。
そういう場面が視認できる。
常日頃より墓所の周りの道路には多数の乗用車が停車していて、お参りの人もめちゃめちゃたくさん見える。

風の強い休日の夕方は歩いてみる
明日香は、高校を卒業して一番に一緒に居るようになった友達だ。
彼女の長所は、たいていの事は見逃すし、小さなことは、気にもしていないところ。
私が今日から友達になろうと言ってきたようだが、たしかに、そんな気がする。
一緒に出掛けると、問題は単純化されるので、凄く楽に生きれる。
痩せてて華奢なのに、深夜にハンバーガーを注文しに行ったりするという。

笑顔で走る先生とわたし

出張に行くと、一週間くらい帰れないこともある。
非常に、やる気はありだけれど、とても気を張っているので、毎日3時間睡眠。
起床時間のずいぶん前に、眠いのに目が覚める。
大変だけれど、帰って来た時の解放感は大好き。
狂ったように豪遊するし、深く寝るし、しっかり食事をとる。

寒い土曜の夕暮れに窓から
版画やフォトなど芸術が好きだし、絵も下手ではないけれど、写真撮影がとても苦手だ。
それでも、過去に一人前に、一眼レフなんか重宝していた時期もあって、絶対に持ち歩いたりした。
信じられないくらいピントが合ってなかったり、ユニークなアングルなので、一眼がくすくす笑っているようだった。
そう思ったけれど、カメラや現像はどう考えても、最高に楽しいと思っている!

無我夢中で叫ぶ子供と霧

暑い季節らしいことをこのシーズンはやっていないが、友人と土曜日、コテージをレンタルしてBBQをやる。
暑い季節の恒例だけれど、日常から離れ、息抜きになる。
男手が二人なので、非常に色々と火をおこしたり準備をしないといけない。
特に、重い物を運んだりが、女性だと不得意な人がまあまあいるので、活躍しないと。
しかれども絶対にみんなでワインをがぶがぶ飲むその時は、お酒をほどほどにするように気をつけよう。

泣きながらお喋りする母さんと冷たい肉まん
テレビを見ていたり、繁華街に行くと綺麗だな〜と思える人は多い。
顔立ちは、一般的な美しさとは言えなくても、個性的だったり、オーラがあったり。
個々の雰囲気は、本人の今までの人生かもしれない。
凄く大事だと思う。
最近惹かれるのは歌手の西野カナさんだ。
イベントに行って初めて質疑応答を受けている姿を見た。
なんてかわいいんだろう!と見ずにいられない。
ふっくらした頬に、スタイルも良い感じ、明るい色が凄く合う印象。
会話がほんわかしていて、名古屋弁なのもポイントがアップ。
曲は割と聞くけれど、話している姿を見てもっと大好きになった。

悲しそうに体操する姉妹とオレ

子供の4歳の誕生日が近づいているので、誕生日プレゼントを何にしようかを考えている。
妻と話して、体を使って遊ぶアスレチック系かためになるおもちゃか洋服などにするかを決めようとしている。
悩んでなかなか決まらないので、実物を見に行って選ぶことにしたけど、これだというものがなかった。
けれど、こどもに見せてみたら、あっさりと決めることができた。
トンネルの遊具に夢中だったから、これに決めた。
ただ、私たちの家が小さいので、小さくてコンパクトなものにした。
価格が、なかなか安かったので、助かった。

雨が降る水曜の朝は熱燗を
新入社員の頃に、知識がなく、大変なトラブルをひきおこしてしまった。
悔いることはないと言ってくれたお客さんたちに、挽回の方法も分からず、泣いてしまった。
若いお客さんが、エクセルシオールのコーヒーを差し入れと言ってくれた。
トチって2個も注文しちゃったんだよね、とニコニコしながら別の種類の飲み物2つ。
背が高くて痩せててすっごく豊かな雰囲気をもっていた人。
申し訳なかったな、と思う。

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2015 化粧師の譲れないモノ All rights reserved.